そのままが綺麗…海の贈りもの「はぶくしゅSHOP 」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-23-19

どーも!
和道士のSUGIです。

今回は僕はRoom8とは別で活動している、名古屋大須にお店を構える
カフェ&ハンドメイドショップ『TOLAND』での大型プロジェクトの紹介と
クリエイターさんの紹介です。

ちなみにTOLANDについてはこちらから

NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2147254594358132001

食べログ
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23060928/

 

『 TOLAND meet Creators 』は、ヒトが集まり繋がれる場所「TOLAND」が
全国で活躍するクリエイターたちと繋がり、彼らの想い・物語を発信していく
プロジェクトである。

第一弾ムービーはこちら!

『ビーチコーミング』で海からの贈り物を拾おう!

突然ですが「ビーチコーミング」という言葉を知っていますか。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-20-45

海岸の砂浜にある貝殻や流木、サンゴなどを拾い集める遊びのことを言います。
ビーチは砂浜・海岸、コームは髪の毛をとく「クシ」のこと。

浜辺を手で、髪をクシでとくように収集することから「ビーチコーミング」と名付けられました。

長い時間をかけて波に削られ角が取れた貝殻やガラス(シーグラス)など
同じものは一つとしてありません。まさに…『海からの贈り物』。

自然の美しさを、そのままに…

『 TOLAND meet Creators 』第1回目に紹介するクリエイターさんは
ビーチコーミングで集めた貝殻たちを使い、海の…自然の美しさを届けてくれる
『はぶくしゅ』さん。

ご夫婦で創作活動を行っているお二人の、作品への想いを探ってみた。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-4-44-14

「海辺で貝殻を拾っている時が一番楽しい時間ですね。いろんな種類、カタチ、表情のものが
いっぱいあって、それをもっと多くの人に知ってほしい見てほしいと思ったのが作品を
作るようになったきっかけです。」

作品を作るようになったきっかけは何ですか?そんな素朴な質問からインタビューは始まった。

「知り合ったのが与那国島で、一緒になる前からビーチコーミングしながらデートしてました。
他に行くところもなかったんですけどね…笑
犬の散歩がてら海辺にある貝殻を拾っていました。それが、どんどん溜まっていって…ね。」

確かに…浜辺を歩いていて、綺麗な貝殻を見つけるとつい拾ってしまうものだ。
はぶくしゅさんの作品には拾った時のワクワクが詰まっている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-17-13

「なるべく作品を作る時は『そのまんま』ってことを大切にしています。
貝殻も流木も綺麗なものばかりじゃなく欠けたりしてカタチも様々だから。
そんなところも全部生かして作品を作っています。
だから、本物の貝がらを使っていると言うとびっくりするお客さまもいます。
とくに子供はすごくびっくりしますよ笑。
でも、そんな風に作品をいろんな角度で見て、新しい発見をしてもらうのは
本当に嬉しいことです。」

はぶくしゅさんの作品を見るとどれも、装飾がほとんどなく
素材そのものの良さがより作品を引き立たせている。

作品に込める、想いとは…

ご夫婦二人で作品を作り続けている中で、モメたりすることはないのだろうか…

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-28-05

「もちろん、そんな時もありますよ笑。作品のイメージがあってもお互いの葛藤が
あったり、一人で集中して取り組んでいる時もあったりするので。
でも、そういう互いの想いがいいハーモニーになっていけば、よりいい作品も作って
いけると思うんです。」

あるようだ…笑。でも、どんな時にも大事にしていることがあると教えてくれた。

「まず、私たち(自分たち)が楽しむこと。海辺に貝殻を取り行って、
綺麗なもの珍しいカタチの貝なんかを見つけると今でも心が動いてワクワクするんです。
そんな気持ちってきっと誰もが大人になっても持っていて、そんな想いに共有してくれる
人と出会えた時が一番嬉しいし、楽しいことです。会話も自然と弾みますし。
同じ想いを持った人たちが集まって、みんなで海のこと考えたり、時には
物々交換してみたりするのも面白いかもしれないですね。」

そう…ビーチコーミングと聞くと貝拾いと感じてしまうかもしれない。
だが、決してそれだけではない。

「お客様に、こんな貝落ちてるの?ってよく聞かれるんですけどね、
多分、みんな気づかないうちに踏んじゃったりしてるかも。よく見て欲しいんです。
実は、ほんと身近な些細なものが『宝もの』なんだよって。
綺麗な貝たちと一緒で『宝もの』って自分の周りの沢山あるはずだから、
それを知って欲しいし、大事にして欲しいんです。」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-12-55

 

Follow me!

この記事を書いた人

SUGI
SUGI
Room8.Incのメンバー。和道士&プログラマー(のつもり)。

和道士とは
和の文化、クリエイター、職人の活きる場を創造していくスペシャリスト。
日本の伝統、技術、文化を世界に拡めていくため『和』のイベント、
職人、クリエイター達への取材、プロモーション活動(動画配信、フェス)などを行っている。
和だけではなく、クリエイター、職人と多くの人が繋がれる場を創っていくため奮闘中!

Room8だけでなく、様々なハンドメイドの商品を扱う
カフェ&クリエイターショップ『TOLAND』のメディア部の一員でもある。

現在はヨーロッパへの進出を目論でいる。
『情熱大陸』『プロフェッショナル』に出演するのが夢。

ちなみに『和道士』という言葉には
「和道を士どる、和の伝道師、世界に和(輪)を広げる道(架け橋)となる」
などの想いが詰まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA