理想の肌を手にいれる!女の子なら知っておきたい化粧品の開封前と開封後の消費期限について

cosmetics-1367779_640

こんにちは^ ^
Room8のWeb制作担当。お酒が恋人、あやかです。

今回は、女の子だったら絶対に知っておきたい!
化粧品の開封前と開封後の消費期限について詳しく書いていきたいと思います!

消費期限が切れた化粧品はトラブルの元に

acne-1606765_640

何気なく使っている化粧品。
みなさん、いつ頃購入したか覚えているでしょうか?

覚えていない方は要注意です!!
食べ物と同じように化粧品にも消費期限があります!!

特に、ファンデーションやアイシャドウ、リップ等、肌にダイレクトにつけるものには雑菌がうじゃうじゃ。

今回は、そんな化粧品の消費期限について正しく理解し理想的な肌を手にいれる方法を紹介していきたいと思います。

開封前の化粧品の寿命は約3年

makeup-377631_640

開封前の化粧品は、涼しい場所での保管が必要になります。
その条件を満たした場合、約3年が消費期限となります。

何故、3年なのかというと、
化粧品の消費期限表示は薬事法によって次のように義務づけられています。
「製造又は輸入後適切な保存(冷暗所)のもとで、3年以内に性状及び品質が変化する恐れのある化粧品」。

そう、高温で日の当たる場所を避け、保存しているものであれば、開封前で最低3年は保つということです。

ですが、最近流行りのオーガニックコスメに関しては、添加物が入っていない分、消費期限が短い場合があります。
その場合は商品に必ず記載されていますのでよくチェックしておいてください。

オーガニックの化粧品に関しては冷蔵庫で保管することをお勧めします。

開封後の化粧品の寿命はアイテムによって様々

lipstick-791761_640

実は開封後の化粧品は、開封前とは違い消費期限が化粧品によって異なってきます。
開封前の3年という使用期限はなくなり、長くても半年で捨てることが望ましいです。

特に、パフを使うもの、肌へ直接つけるもの、クリームタイプ(水分が多いもの)には雑菌が湧きやすいので消費期限が短くなってしまうのが事実です。

ファンデーション・下地:6カ月以内
アイシャドウ:1年以内
チーク:2年以内
リップ・グロス:6カ月以内
マスカラ:3カ月以内
スキンケア用品:6カ月以内
日焼け止め:6カ月以内(日焼け止めはワンシーズンで使い切りましょう)

化粧品の消費期限は分かりにくい!簡単な見分け方は?

POINT1.臭い
食べ物と一緒で「おかしな臭いがするな。」と思ったら危険信号です!

POINT2.沈殿や分離
液体系は沈殿物が浮いていたり、分離してくると危険信号です!

もったいないと思いがちですが、上記のような条件を1つでも満たせば、それは肌トラブルの元になります。
即刻、断捨離をすべきです!!

化粧道具のお手入れを怠らない

brush-1720073_640

肌に直接触れる、ブラシやパフは汗や皮脂、油分が付くため、バクテリアなどといった雑菌や細菌が繁殖しがちです。
また、化粧ノリも悪くなってしまい悪循環です。中性洗剤や専用の洗浄液を使用してこまめにお手入れすることをお勧めします。

さいごに

いかがでしたか?
以外と未開封のままストックとして眠っている化粧品や、購入時期が分からない化粧品があるのではないでしょうか?

正しい化粧品の消費期限の知識を学び、
綺麗なお肌のためにも今一度、化粧品の管理方法を考えてみてください^ ^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA