『和道士SUGI』誕生!文化・技術は国境を超える。職人、作家、クリエイターが 世界で活きる場を創り出す!

japanese-style_00001

どーも、はじめましての方も、そうじゃない方も『和道士SUGI(スギ)』です。

天才イラストレーターまさひろくんに続き、Room8の新メンバーです。

おそらく、ほとんどの人がこう聞くことでしょう…「和道士って何?」ってね。

詳しくは後々、ご説明しますが簡潔に説明すると和の文化・伝統・技術を後世に残し、世界に伝えていく!です。

みなさん、覚えていますか?和食が世界遺産に登録されたことを、和紙が無形文化財に選ばれたことを…

今日本の文化は世界からアツイ注目を浴びています。

2020年には東京オリンピックも開催され、日本は益々世界から注目を浴びてくることでしょう。

でも、みなさん日本の文化って、伝統って世界の人たちに説明できますか?

日本人が日本を「再発見」するキッカケ。そして世界へ伝えていく架け橋となる!それが私の目指すことです。

 

そもそも和道士っていったい…

freefont_logo_hksoukk

↑※「和道士」って書いてあります

 

名刺交換の時によく聞かれるんです…「和道士さんやってるんですかぁ…ってなに!?」

そりゃあ当然ですよ。和道士なんていう職業、資格、ましてや権利すらありませんから。

だって僕が考えた造語ですもん。笑

パソコンの自動変換ですら、「わどうし」って入れても一発変換できませんもん笑

だから決まった定義はありません。和道と言う言葉はネットなどで探せばちょくちょく出てきますが、

考え方も説明も結構バラバラです。

あくまでここでは僕の考えとして「和の文化、技術、伝統などを全て総括した一つの名称」と捉えてください。

地域性、流派、歴史などは関係なく「和」に携わることをまとめて「和道」と呼んでいます。
剣道や柔道みたいに日本の言葉には「道」がついてるモノが多くありませんか?

あれを説明するには中国の思想も入ってくるので、かなりハショりますが「一つの道を極める」
という職人ならではの考え方に習って僕も和道としています。

つまり、僕自身が「和の様々な知識、伝統、道を知り極め、士どる者になる」そんな思いを込めて『和道士』と名乗っています!だから、実は名刺を配るたびに、やべっ!もっと和の事を勉強しないとマズイ!と焦る自分がいます笑

実は、和道士という肩書きにはもう一つ想いを込めています。それは『和(輪)を世界に広げる』ということ。

PP_chikyuu_TP_V

和の文化を広めるだけでなく、その活動を通し職人さん同士が、クリエイター同士が繋がり輪が広がる。そこから新たな繋がりが生まれ、新たな作品が生まれ、新たな可能性がどんどん誕生していく。

僕はそのあいだのキッカケ作りをし、『架け橋』になりたいと考え、この活動を始めました。

最終的な目標は”世界”!ここで出来た輪(和)をもっと広げて世界中の人たちと繋がり、職人さん、クリエイターさんの活躍の場を広げていきます!

和道士って名乗るキッカケって何!?

1392ee58f03e50581b648ed1be4ce1b7_s

これもよく聞かれるますね~「何かキッカケとかあったんですか?」ってね。

はっきり言うとキッカケ……ありません!

きっと、自分で活動している人って生きている中で自分の人生を変えてしまうほどのキッカケに出会っている人がほとんどだと思います。僕も聞いてるみんなが感動するような〇〇な話欲しかったすわぁ…

ホント至って普通の平凡な人生送ってきましたんで、皆さんが感動するようなキッカケ話はないですぅ。挙げるなら、歴史が好きだから、京都が好きだから、和という文化が好きで落ち着くからみたいな感じ…

そして、強いて言うなら大学生の頃に陶芸をしていたからかもしれません。

手先が不器用で昔から親や兄弟に「お前は不器用だから」と言われ続けて、小学校の時の夏休みの自由工作とかなんて親に作ってもらってました。

親たちから言われると例えそうじゃなくても、自分は不器用なんだと思い込んでしまう、そんなもんじゃないですかね。だから、モノを作るのは苦手で避けてました。

そんな、僕がなぜか大学生になって陶芸部に入ってモノを作る立場になっていました。

入部した理由なんて、知らない地でとりあえず友達が欲しかったって事と、
保育園の時に毎日泥だんご作って遊んでいたからかな…

でもやってみるとこれが意外と楽しかったんです!自分に合っていたと言った方がいいですね。

自分で言うのもアレですが、初めて陶芸をやったのに結構うまく作れたんです。不器用だと思い

続けたのに、自分の力で意外とちゃんとしたモノが作れてる。嘘みたいでした!

473da01106d14615aaf43c5395c02ebb_s

何より嬉しかったのは、周りの人達が「うまいじゃん!」と褒めてくれたこと。今まで言われたことなかったですよ。

そこからなんです。モノを作る楽しさを知ってしまったのは!

こんな自分でもできるんだ。こんな楽しいことを自分は避けていたのか!と気づきました。

その時もう一つ気付いたんです。初めてで素人に毛が生えた程度の自分がこんなに楽しいと思えるということは、その道を歩んでいる人たちはもっと楽しんじゃないかって。

多分、この時ですかね。今の想いが生まれたキッカケは。

あっ…あったね。キッカケ笑

やるなら今しかない!

モノを作る楽しさは知りましたが、さすがにそれで食べていけるとは思ってなかったです。

にわか仕込みだし、不安だったし、度胸なかったし。

とりあえず普通に就職して、普通に生活できればいいかなって。そんな感じでした。

卒業してからは失敗と挫折の繰り返しでした。内定もらって地元で就職したのはいいけどすぐにリタイアしちゃって。だいぶ親も悲しんでたと思います。そこからやりたいこと分からず、迷走してました。経歴なし、技術なし、資格は普通自動車の免許証だけの何の取り柄もないから、就活してもなかなか決まらない。まさにダークサイドに堕ちた感じ。

それでも、モノを作ること、和の文化が好きな気持ちは一貫していました。でもその気持ちをどう表現していいか、どうやって動けばいいか分からずモヤモヤしてて、とりあえず地元にいてもしょうがないと思って愛知に戻ってきました。

今考えるとこの選択って結構正解だったのかもしれないです。

まぁ、戻ってきてからもバタバタとありましたが、いい選択だったと思えるのはシェアハウスで生活を始めたこと。

人見知りのくせに、知り合いが欲しいからと思い決断したのが良かった。

最初はシェアハウス同士の繋がりから始まり、どんどんコミュニティが広くなっていったのは

自分でもびっくりでした。今ではシェアハウス関係のないコミュニティの方が強いですもん笑。

でも新しく出会っていく人みんなに共通しているのが、みんなアツイ、想いが強い、やりたいことに真っ直ぐ突き進んでいることです。

誰もが、今の自分を思いっきり楽しんでいるということ!これまた結構な衝撃でしたよ!

↓まさしく、こんな感じ!

6adb9b83ef9f5ebb117aa7e58c5aa761_s

僕もこのままじゃ終われない!どーせ人生一回きり!やりたいことやってみよう!って思うようになりました。

それまでは誰にも話さなかったんです。自分のやりたいこと、和の文化が好きなことも。話しても意味ないと思ってたんで。具体性な計画も、どうしていけばいいかも自分ですら分かってなかったし。

でも、アツイ人たちが共通して言うことは「言葉に出せば叶うよ!」ってことでした。

実際のところはそれが大正解!自分の想いを出会う人、出会う人に率直に話していくと自分が繋がりたいと思っていた人で会い、やりたいことが本当に具体化していったんです。

同じ想いを持つ同志とも繋がれました。

この出会い、繋がりを無駄にしちゃいけない!まさに、”いつやるの!?今でしょ‼︎”現象

ってなことで『和道士SUGI』こっから本格始動します!

自分の使命!

大学生の頃に感じた気持ちはあくまでもキッカケ。今はそれよりも使命感の方が強いです。

俺がやらねば、誰がやる!?そんな感じ。ダチョウ倶楽部のどーぞ、どーぞじゃないっす。

もちろん、今でもモノを作ってみたい気持ちもあります。しかし、それ以上に今自分の夢に向かって頑張っている職人さん、作家さん、クリエイターさんのお手伝いをしたいという気持ちが強くあります。

何故なら、「もったいないから!」変な表現になりますが彼らのようなすごい才能を持った人たちがみんなに知られていないのは、「もったいないから!」「なんか悔しいから!」「もっと知ってほしいから!」そんな彼らが活躍できる場を作っていく。

それが僕に課せられた使命だと自負しています。

今は自然と不安よりワクワクが強いです。自分に何ができるんだろうという不安ではなく、

どんな事をしていけばもっと活躍できる場を作っていけるかと考えるワクワクの方が!

実は和道士として活動している傍ら、プログラマーとしてのデビューも果たしていました。

おいおい和の文化が好きなんじゃないのか!?という疑問も持つ方もいるかと思います。

目指すは世界!です。そのためにwebのチカラはこれから絶対必要になるはず。

あらゆる側面から、あらゆるアプローチをかけて、彼らが活躍できる場を創り出す!

それが『和道士』の使命です!!

この記事を書いた人

SUGI
SUGI
Room8.Incのメンバー。和道士&プログラマー(のつもり)。

和道士とは
和の文化、クリエイター、職人の活きる場を創造していくスペシャリスト。
日本の伝統、技術、文化を世界に拡めていくため『和』のイベント、
職人、クリエイター達への取材、プロモーション活動(動画配信、フェス)などを行っている。
和だけではなく、クリエイター、職人と多くの人が繋がれる場を創っていくため奮闘中!

Room8だけでなく、様々なハンドメイドの商品を扱う
カフェ&クリエイターショップ『TOLAND』のメディア部の一員でもある。

現在はヨーロッパへの進出を目論でいる。
『情熱大陸』『プロフェッショナル』に出演するのが夢。

ちなみに『和道士』という言葉には
「和道を士どる、和の伝道師、世界に和(輪)を広げる道(架け橋)となる」
などの想いが詰まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA