Room8 Inc.

Webマーケティングで道を切り開け!

数々のコンテンツが生まれ
瞬く間に埋もれていく
世はまさにWeb戦国時代

売上を上げるために必要なホームページ
そのホームページでの戦略が事業の行く末を左右する

小手先だけのSEO対策はこれからは通用しない
そんな戦乱の世に突入している

Webマーケッターは、日々その戦略に頭を悩ませている

Web集客養成所

ここは、Room8にあるWeb集客養成所。
様々な人が集まっている

  • 会社のホームページでの集客が上手く行かずWebマーケティングのスキルを身につけたいと考えている者
  • Webマーケティングのスキルを身に着け仕事にしたいと考えている者
  • これからホームページを作る上で必要なWebマーケティングのスキルを身に着けたいと考えている者

など

一人のWebマーケッターの見習いの物語が始まる

見習いWebマーケッター???
仲間のWebサイトを成功させるため
ここWeb集客養成所に入門してきた。
僕の力が足りないばかりに、Web集客が上手く行かない・・・
ここでなんとしてもWebマーケティングのスキルを付け絶対にWebサイトを成功させるぞ!

ここか、Web集客養成所は
僕に出来るか心配だけど頑張ろう?

鶴(カク)
(なんだ!この変な格好をしたやつは・・・)
鶴(カク)
き、きみは?
ここは一般人は立入禁止だ、早々に立ち去るが良い。
ハチ
ここはWeb集客養成所ですよね!
Webマーケティングを学びたくてここに来ました。
鶴(カク)
ここは選ばれた者だけが入ることができるWeb集客養成所となっており
試験に合格したもののみが入ることができる。
いきなり入りたいと言われてもそういうわけにはいかない!
年に一度試験を実施しているので、その時を待つが良い。
ハチ
僕には時間がないんです。そこをなんとかお願いします。
鶴(カク)
すまない!門番よ、この者にお帰りいただきなさい。
ハチ
まっ、まってください!
何かチャンスを下さい。
そう言えば、来る時に主君に書状を預かってきました。
鶴(カク)と言う人に渡すように言われました。
鶴(カク)
私が鶴(カク)だが見せてみろ。
鶴(カク)
・・・・・・・・なるほど。
君は、あの方の部下なのか?
ハチ
はい、亡き父の古くからの友人でお世話になっております。
鶴(カク)
仕方がない、あの方のお願いとあれば断るわけにはいかないな・・・
ただ、ココにいる者は皆、厳しい試験に合格して入所してきている、他の者達と同じ待遇というわけには行かない。
私の雑用として仮入所を認めよう。
しばらく、私の雑用をしながら見込みがあるかを見させてもらう。
見込みが無いと感じたらスグに出ていってもらうが、それでいいな?
ハチ
はい、ありがとうございます。
雑用でもなんでも精一杯頑張ります!
鶴(カク)
ところで君は、ホームページの運用はしたことがあるか?
ハチ
ここに来る前少しやったことがあります。

ホームページで集客に結びつける為に必要な事

鶴(カク)
そうか、そこで君は集客に結びつけるために君は何をした?
ハチ
以前セミナーに出た時に、ブログを書くと良いと聞いたので実践してみました。
鶴(カク)
ほう、ブログか
言われたことを実践してみることはとても重要なことだ!
ハチ
しかし、書いても書いても全然アクセスが伸びず困っていた事を主に相談したところ、鶴さんを紹介されました。
鶴(カク)
いいか、今日から私は先生となる!
先生と呼ぶように!
ハチ
あっ、失礼しました!
先生よろしくお願いします。
鶴(カク)
そのアクセスの伸びない、ブログには昼飯の情報ばかり書いていないだろうな?
ハチ
あっ、はい!
どうしてわかったんですか?
すごいです。Webのスキルですか?
鶴(カク)
ブログを書いているのにアクセスが増えないとと聞けば、大体想像がつく!
大したことではない
ハチ
(全てを見透かされてる気がしてちょっと怖い・・・)
鶴(カク)
まあよい、その辺もここで学べば分かってくるだろう。
君のために、ブログを活用した集客についての話をしよう。
ホームページで集客するために最も重要な事は、なんだか分かるか?
ハチ
SEO対策ですか?
鶴(カク)
まあ、間違いではないが、もっと重要な事がある。
それはコンテンツだ。
ハチ
コンテンツ?
鶴(カク)
SEO対策というのは、コンテンツを検索エンジンであるGoogleが理解しやすいように教えることだ。
良いコンテンツがあり、このコンテンツは何について書かれているかをGoogleに教える事で上位表示させ安くすることだ。
中身の無いコンテンツにいくらSEO対策をしたところでGoogleは評価してくれない。
ハチ
なるほど
鶴(カク)
色々なところでアクセスを稼ぐために、とにかくブログを書けと言われることが多い。
しかし、ただブログを書いてもアクセスは増えない。それには、いくつか理由がある。
今回は、その理由と対策方法を簡単に教えよう。

一つ目は、目的が無い
二つ目は、ターゲットが曖昧
三つ目は、悩みを考える
四つ目は、伝え方が悪い

ブログで集客するには目的が必要

鶴(カク)
これは、一番初歩的な問題だ
目的を持たずにブログを書いている人がとても多い。その代表として日記の様な記事を書いている人が多い

  • 今日はこんなランチを食べた
  • こんなところに行った
  • 映画を見て感動した
  • こんなご飯を作った
ハチ
僕が書いてるブログだ・・・
鶴(カク)
君には悪いが、君が昼に何を食おうがどこに行こうが誰も興味がない。
ハチ
でも芸能人とか、こう言う記事書いてます!
鶴(カク)
それは、芸能人だからだ。
芸能人にはファンがいる、ファンの心理として好きな芸能人がどんなものを食べているのか、普段何をしているのか気になるところだろう
だから、芸能人なら日記を書くことは正解なんだがな
ハチ
どんなことを書いたら良いのかわからなくなってきました。
難しいですね・・・
鶴(カク)
それは目的が無いからな
ハチ
目的ですか?
鶴(カク)
そう、目的だ。
ビジネスで活用するということは、ビジネスにプラスにならなくてはならない。

  • 商品を知ってもらう
  • 商品の宣伝になる
  • 商品が売れる

例えば、商品を知ってもらうことが目的ならば、商品を知ってもらう記事を書く必要がある。
商品の特性、商品のメリット、商品の使い方など

もっと言えば、読者が何を求めているのかを考えそれの答えを書くことが重要

ハチ
なるほど

そこで必要なのがターゲット

鶴(カク)
例えば、今ウチが受注した案件で結婚相談所のホームページがある。
君ならどんな記事を書く?
ハチ
結婚をしたい人に役立つ記事ですか?
鶴(カク)
そう、そのとおりだ!
今、君はどの様に考えた?
ハチ
結婚相談所のホームページだから、結婚をしたい人を集めないとと考えました。
鶴(カク)
その「結婚をしたい人」というのがターゲットだ!
もっと言うと、その結婚をしたい人と言うのは誰だ?
ハチ
誰って言うと?
鶴(カク)
男なのか、女なのか、年齢は?といった、どんなような人なのか?そういうものだ
ハチ
難しいですね。
鶴(カク)
そんなに難しく考えなくてもいい。
結婚をしたいと一言で言っても、その想いは色々ある。

  • 玉の輿に乗りたいとか
  • 安定した結婚生活を送りたいとか
  • 跡取りが欲しいとか
  • イケメン・可愛い子と結婚したいとか

20代で結婚したいと考える人と女性と
40代バツイチ男性の想いは違うと

20代の女性には20代女性が求める答えがあり
40代バツイチ男性にはその人が求める答えがある

そこをしっかり考えることがターゲットを絞るということだ。

ハチ
なるほど、ターゲットが求める答えを記事にすればアクセス伸びそうですね!
鶴(カク)
そうそこが基本だ!
しかし、記事にするために重要な事がもう一つある

ターゲットの悩みを想像すること

ハチ
悩みを想像と言うと?
鶴(カク)
読者は、役に立つ情報を探している
例えば、結婚相談所であれば、結婚相談所に登録しませんか?
と言われたら登録するか?
ハチ
多分登録しないですね・・・
鶴(カク)
そう、人は売り込まれることを嫌がるからいきなり売り込んでも意味がない。
ハチ
じゃあ、売り込みはせずに自然に売れるのを待つということですか?
鶴(カク)
それは違う、中には売り込まれたい人もいる
ハチ
えっ?意味が分かりません・・・
鶴(カク)
私が言いたいのは、タイミングが重要だということだ。
鶴(カク)
タイミングですか?
鶴(カク)
そうだ、タイミングだ!
例えば、結婚したいと考えている人がいる一人は、結婚相談所の事は全く知らない
もう一人は、結婚相談所のメリットを十分理解し興味を持っている。

結婚相談所のことをよく知らない人に対して何をすべきだと思う?

ハチ
結婚相談所のことを知ってもらう為の記事ですか?
鶴(カク)
そんな感じのイメージだな。結婚相談所に興味を持ってもらうための記事を書かなくてはいけない。
では、既に興味を持っている人ならどうだ?
鶴(カク)
お問い合わせをしてもらう為の記事ですか?
鶴(カク)
それも一つの案だな。
重要な事は、それぞれのタイミングに合わせた記事を書かなくてはいけないということだ。
そうしないと、読者は喜ばない。
ハチ
なるほど、よくわかりました。
鶴(カク)
Webでの集客は、キーワードが重要という話は聞いたことあるか?
ハチ
はい聞いたことあります!
鶴(カク)

その悩みを想像するために、キーワードが重要になる。

SEO対策としてキーワードを盛り込めというのもあるがそれよりも重要な事が
このキーワードで検索する人は何を考えているかを考えることだ

ハチ
・・・
鶴(カク)
「結婚相談所とは」と検索した人は、結婚相談所についてあまり詳しくないのだと想像できる。
上の例で言えば、前者に当てはまる。
この人にいきなり売り込みをしても売れない、そこで結婚相談所のメリット・デメリットなど伝えるのが良いだろう
ここで、CTAの話などしたいが、今回は省略しておく「結婚相談所 料金」で検索している人は、結婚相談所に興味を持ち、料金が知りたいと感じている
その様な人には、料金とサービスの内容を知りたいと思う。

もっとズバリなキーワードで検索する人もいる
「結婚相談所 入会方法」みたいなキーワードだ、この人には入会方法を伝え適切な売り込みをすればかなりの確率で入会するだろう

検索キーワードから、その人の悩みを想像し、その悩みに対応した記事を書くことで読者は満足をする。

この様な記事を書き続けることで、読者の満足度は高まり結果としてSEOが強くなる。

ハチ
なるほど、今までそんなこと考えてブログ書いたことがないです・・・
だから、アクセスが伸びなかったんですね。

そして伝え方を考える

ハチ
伝え方ですか?
鶴(カク)
そう、どんなに良いことが書いてあっても読まれなくては意味がない
だから、少しでも読みやすく記事を書くことが重要になる。
ここを突き詰めると、プロのデザイナーにデザインを依頼することになるが、そのお金が掛けられないなら最低限のルールは守ると良い。

画像やイラストをいれる

ハチ
どうして画像やイラストが必要なんですか?
鶴(カク)
君は、本は読むか?
ハチ
マンガなら読みます。
鶴(カク)
君は、マンガと書籍どっちが読みやすい?
ハチ
それはマンガですね。
書籍は読むときは、気合を入れないと行けない感じです。
鶴(カク)
そう文字を読むのは気合がいるのだ
文字だけの文章は自分でイメージしたり考えたりして頭を使う
それが、本の良いところではあるが、やはり脳は疲れる。
ハチ
確かに疲れますね・・・
鶴(カク)
よっぽど興味のあることじゃない限り
文字だらけの文章は読まれない逆に、マンガと言うのは楽に読むことができる。
それは、イメージと文字で構成されているからな。

ブログでも同じ事が言える。
所々、内容をイメージさせるようなイラストや写真を使うことで脳の負担を軽くし読みやすくすることが出来る。
それに、途中で画像やイラストが入ることで脳を休めることが出来る。

むやみに文字の装飾を使わない事

鶴(カク)
素人でやりがちな誤りに、文字の装飾がある
鶴(カク)
まず、これをみてくれ?
ハチ
えっと、クリック出来るのかと思いました・・・
鶴(カク)
これはどうだ?
なんてどうだ?
ハチ
黄色とかよく見ないと見えないですね・・・
鶴(カク)
この文章はどうだ?
こんな大きさの文字があったり
こんな大きさの文字が合ったり
こんなのとか、こんなのもある、これとか
ハチ
なんか見づらい・・・
鶴(カク)

そうだから、簡単にでもルールを作ると良い

  • 強調したいときは、太文字にする。
  • ネガティブな強調は太文字+カラーにする。
  • それ以外は、標準の設定を使う。

色々装飾をして目立たせたいと言う気持ちも分かるが
それでは文章が読みにくくなり読まれなくなってしまう。
せっかくブログに訪問しても、離脱(ホームページから去っていくこと)してしまっては勿体無い。

ハチ
確かに、離脱されないためにも読みやすさも重要ですね。
鶴(カク)
もうこんな時間だな。
今日は、このぐらいにしておこう。
今日教えたことは基礎の基礎だが。君はまだ超初心者だ先ずはこの辺から意識するといいだろう。
ハチ
先生、ありがとうございました。

最後に

鶴(カク)
重要なことを言い忘れた!
Webマーケティングのスキルを身につければ、ビジネスに必ず役に立つ。
しかし、Webマーケッターになれるのは、残念なことにほんの一部だ。それほど、Web集客のスキルを身につけるのは大変なことだ。
もし、そんな苦労をしたくないと言うのであれば、お金を払って依頼する方が早いだろう。

君に、その道に入る覚悟はあるか?

君にその覚悟があるなら、私は全力で君を支援する。

ハチ
もちろんです!
僕も簡単な気持ちでここに来たわけではありません。
楽に身につけられないからこそ価値があると思っています。全力で頑張るのでよろしくお願いします!

彼は、ここRoom8 Web集客養成所の最高指揮官「鶴」

何が楽しいのか、みんなにWebマーケティングを教えている。

彼の物語は、また別の機会に・・・

記事を書いた人

株式会社Room8代表取締役鶴田 賢太
調子に乗って幹部候補だと言われ就職するも、パソコンに興味を持ち弄ってばかり、これからはITの時代だ!なんて、会社を辞め職業訓練校に通い基礎を学び、某上場企業富○通で働く、そこも5年ぐらいで退職しベンチャーの立ち上げに参加、その後外資系保険に転職するも3年で退職し、FP事務所を立ち上げ起業
それと同時ぐらいに、コワーキングスペースに魅了され2014年コワーキングスペースを立ち上げ。2015年に一般社団法人春日井起業支援センターを設立し、2016年にはRoom8法人化し社長に!
現在、コワーキングスペースのメンバー向けに、ビジネスモデルの構築や収益化のサポートを行っている
起業家にオススメ!!名古屋コワーキングスペースおすすめ5+15選-2016年版

コメント( FACEBOOK)

Return Top search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss