超高速WordPress環境構築の裏側

スクリーンショット 2016-09-03 20.32.38

Room8 代表取締役 鶴田です。

僕 実は10年ぐらい前まで富士通でエンジニアをしていました。
とは言っても、ミドルウエアの設計・構築がメインだったので、ネットワークやサーバ等のスキルは、それなりにといったところでしょうか。

そのスキルが今になって生きてくるとは、人生わからないものですね!
ジョブズの点と線の話を思い出しました(笑)

今回、そのスキルをフル活用させたお話です。

最近、ホームページの運用をしていて非常に不満に思うことがあったのです。

一つ目は、はてなブックマークの新着に載ってもサムネイルが表示されないという不満

二つ目は、メディアアップロードが必ずエラーになり一度保存し直さないと表示されないという不満

常々なんとかしたいなーとは考えていました。

一つ目の、はてなブックマークの画像はとても痛いです。

昨年、初めて新着に載ったコワーキングスペースのまとめ記事、ハテブが46ぐらい付きました。
今回は、1年以上経ち昨年よりも良いものを書いたのですが24でした。

これはちょっと痛いですね。

kusanagiが気になる!

banner-1024x3081-1

ちょいちょい見かけるのですが、世界最高速クラスのWordPress実行環境と言う殺文句。

すごく簡単に言うと、AWSやAzureやさくらのクラウドなどのクラウドに簡単に高速チューニングを施した環境を作ることができるというものです。

やっぱり高速でサイトが表示されるというのは、読者にもプラスになると思うんです。

ついでに、さっき話をした不満も解消したいな〜

なんて常々思ってたわけです。

先日開催されたWordfesでkusanagiの話を聞く

スクリーンショット 2016-09-03 20.34.34

8月27日にうちがスポンサーにもなったWordfes2016に参加してきました。

まず、WordFesは何か?
これも簡単に説明をするとWordpressカンファレンスです。

様々なセミナー等が開催されていました。

そこのブースに出展していたのが、僕の気になるKUSANAGI

セミナーの合間に、担当の方に話を聞いてみました。

まあ、今のアクセス数だとそれほどのメリットはなさそうでしたが、記事数が増えてきてから移行するのはとても大変!

そして何よりも、どうしても解消したい不満がある。

そこで一大決心をしてサーバー移行に踏み切りました。

旧サーバーのバックアップする

今使ってるサーバーは、エックスサーバー
サーバー自体に特に不満はありませんでした。

phpMyAdminでsqlのデータを引っこ抜いて、FTPでファイルを持って来ただけの簡単な作業です。

データをバックアップしいよいよサーバーの構築です。

KUSANAGIの担当の人がオススメしていたさくらサーバーを使うことにしました。

詳細な手順はKUSANAGIのサイトに書いてあるので省きますが簡単に流れだけ説明します。

  1. さくらのアカウントを取得
  2. サーバーの構築
  3. KUSANAGIを使ってサーバー環境とWordPressの構築

ざっくりこんな感じです。

僕の場合は、ここにバックアップしたデータを復元して実際にサイト構築が始まります。

ちなみに、Room8のサイトは、https://www.room8.co.jpです。

これはエックスサーバーで稼働させながら、新サーバーで構築していかないといけません。
しかし、Room8のサイトをドメインが旧サーバーで使われているのでそのままでは構築することはできません。

そこで、僕のとった手段はhostsファイルの書き換えです。

新しいサーバーのIPアドレスとRoom8のドメインの紐付けです。

xxx.xxx.xxx.xxx(ここはIPアドレス)   www.room8.co.jp

こんな感じでhostsに追記します。

そうすると、https://www.room8.co.jpを開くと新しいサーバーが開きます。

これで心置きなくサイトの制作ができます。

ついでにちょっとサイトのリニューアルもしました。

いよいよサーバーの移行

新しいサーバーに環境が出来上がったら、実際にサーバーを移行します。

テスト環境だけではなく、実際のサーバーのIPとドメインを紐付けます。
これはDNSレコードを書き換えるだけです。

ただ、反映するまでに若干時間がかかります。
反映されるまで僕はやることないのでとりあえず自宅に帰る(徒歩で通勤しているので20分ぐらいかかります。)

サイト完成!!(ちょっと息抜きを)

帰り道に吉野家の牛丼を買い家に帰ると、ちょうどIPが反映されました。

ここから最後の仕上げとして、sslの適用とハテブに画像が載せれるかのチェック。

sslの適用は、KUSANAGIにコマンドがあり超簡単でした。
しかも無料のSSLでHTTP2対応!

そして、ハテブに画像が載るかチェック

なんと載らない・・・
メディアアップロードもダメ・・・

しかし、ここでサーバーを止めるのもアクセス数が勿体無いのでとりあえずこのまま決行!

Room8のメンバーにサーバー移行が完成したことを伝える!

速度は、今までより若干早くなったぐらい
今までのサーバーは、トップページの読み込みが0.7〜1秒ちょい
ちょっと遅いっすね・・・
さくらは、0.6~0.7秒ぐらい若干早くなったので良しとしましょう!

突然サーバーダウン

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-LOK_atamawokakaeru-thumb-autox1000-13789

無事新サイトが立ち上がってホッとしたのもつかの間!

色々と作業をしている間に、突然サーバーに接続できないという事態が・・・

SSHでもコンソールでも接続できず、サーバーを再構築することにする!

サーバーを削除して、再度同じ手順で構築
一度やってることなので短時間で構築完了
ついでに、ハテブの画像やメディアアップロードも解決しないかな?と淡い期待もしていたが、やっぱり症状は変わらず。

なんどやっても、ハテブ等の問題は解消されないし、サーバーうまく動かない・・・

その間にも、アクセスが・・・

ちょうど先日、950万PVあるという方がサーバーダウンで500万PVに落ちたという話を聞いた所

早く復旧させないと・・・

と寝ずの作業(まあ、インポート40分とか出てて、やることなくてその間耐えられなくなって寝ましたが・・・)

40超えての寝不足はきついっす・・・

 

ConoHaサーバーで再構築

スクリーンショット 2016-09-03 20.39.30

なんとなく色々調べていると、ConoHaサーバーが良いというのを見つける。
コスパも良い!

公式サイト => https://www.conoha.jp/

そこで、さくらやめてConoHaで作ることにする。

この時点で、自分の愚かさに気がつく・・・
サーバー落としたままではアクセス勿体無いので、旧エックスサーバーを復帰させればいいということに・・・

急いでDNSレコードを書き換え、旧エックスサーバー復帰して新サーバー構築に

 

手順は、さくらの時と同様なので特に問題なく完成

今回、サーバー構築して潰してまた作っての繰り返しを4回ぐらいやったからコマンドも全て覚えてしまった(笑)

そしていよいよサイトの構築

旧サーバーのデータを復元させるたびに、サーバーの調子が悪くなので、このデータが原因じゃないかと思ったので、今回は必要最低限のものだけ移行することにする。

ちまちま手間はかかるが・・・

なんとかサイト構築完了

新サーバー起動

IMG_8845

起動と言っても今までも起動していました(笑)
正確に言うとDNSレコードの書き換えですね。

起動というより、実稼働という感じです。

そして、メディアアップロードはどうか?
無事アップロードできました!

今回一番実現したかった、ハテブの画像、過去画像が載せられなかった記事に画像を適応してみると、画像が載りました!!!

これは嬉しい!

苦労した甲斐がありました。

アクセスだいぶ逃したのが痛いですが・・・

「コワーキングスペース 名古屋」 の1位は変わりませんが、「コワーキングスペース」の9位が24位に・・・

まあ、そのうち戻るでしょう・・・

HTTP2(ssl)化も無料ででき大満足です!

そして、もう一つ嬉しい事が
トップページの読み込み速度が0.1秒台になりました!

長い2日間だった・・・

それでは、引き続きRoom8を宜しくお願いします。

この記事を書いた人

鶴田 賢太
鶴田 賢太代表取締役
調子に乗って幹部候補だと言われ就職するも、パソコンに興味を持ち弄ってばかり、これからはITの時代だ!なんて、会社を辞め職業訓練校に通い基礎を学び、某上場企業富○通で働く、そこも5年ぐらいで退職しベンチャーの立ち上げに参加、その後外資系保険に転職するも3年で退職し、FP事務所を立ち上げ起業
それと同時ぐらいに、コワーキングスペースに魅了され2014年コワーキングスペースを立ち上げ。2015年に一般社団法人春日井起業支援センターを設立し、2016年にはRoom8法人化し社長に!
現在、コワーキングスペースのメンバー向けに、ビジネスモデルの構築や収益化のサポートを行っている
起業家にオススメ!!名古屋コワーキングスペースおすすめ5+15選-2016年版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA