イラストメイキング!これが日本版PokemonGOか!!レアな俺のフシギダネを絵で描いた!〔動画付き〕

ikyatch

どうもRoom8のキャラクタ―デザイン担当の”まさひろ”です とうとうあれ、始まりましたね!Pokemon Go!! 世界の熱狂のしかたが尋常じゃなく、ニュースでも洗脳するように話題にされたら、そりゃ始めちゃいます!
ですが、始めた時にちょうど凄い睡魔に襲われていて、寝ぼけながらやってたら勝手にフシギダネが仲間になってきました…

小川さんの書いてたような、ピカチュウのとこまで会いに行くワクワクを楽しむどころか、他の赤と青を見ることすらできず、強制緑でポケモン、ゴ―!!してしまいました(泣ヒトカゲがよかった・・・
でもフシギダネは家族になったから愛してます!

それで今回も絵を描いていきます♪ 前回まで3回にわたり絵の描き方の「アニメ塗り」について書いてきました。
なので今回は、「厚塗り」という自分が普段好んで描いている絵柄の描き方でPokemon Goのフシギダネを描いて動画にいたしましたので良かったら見ていただきたいです♪ 厚塗り描き慣れているので1回で完成です♪ これを見て練習して、みんなも少しリアルでレアなフシギダネを描けるようにして友達に自慢しよう!!  

ノーマルフシギダネを確認!

  17303363

ちなみにノーマルフシギダネどんな感じか忘れたので改めて見てみたら、、、 意外とかわいいなぁ~♪ 自分の捕まえたやつとは大違いだ!

早速作ろうフシギダネ!

1

厚塗りの時は色で、とりあえず大まかな形をつくります! これが下絵的な物になります。
ちなみに今更ですが、アニメ塗りよりも解説することがすくないかもしれないです!
今回の様に仕事以外で絵を描くときはレイヤー分けは少ないです。

ですが仕事の時は修正や加工を相手ともしやすいように、ちゃんとレイヤーを分けてます。 それと色は、スポイト〔Alt〕で塗りたいとこの近くの色を取ってグラデーションを描いてます! 動画じゃ早すぎてわからないかもです!

細かく整えていこう!

2

構図や形が決まったら、絵全体を意識しながら 細かく整えていきます。
しっかりとフシギダネを観察しながら、一部分をひたすら細かく描いていくのではなく、全部の部分をそれぞれちょっとずつ細かく描く感じです。 例えですけど、全部分をそれぞれ10%ずつ細かく描いて、絵全体を10%ずつ細かく仕上げてく感じです♪

そうすると、全体の10%描いた段階でも全部分ができてるので、完成って言えば完成にできます! って言いながら今回もそれを忘れて顔ばかり集中しています(笑)

3

フシギダネの可愛い釣り目な感じと、ほんのりキバを忘れず意識して描いていくとGoodです♪ ちょっとツンっとした態度があるとかわいいですね♪  

4  

口の表情はニコってさせることにしました!ニコってしてると親しみやすいですよね♪ お子様向けの絵ということが大前提ですから!!

5

フシギダネの額を描いていきます♪ 見た感じ、皮がはがれているから、はがす!! フシギダネの個性なので愛を込めて思いっきりはがしましょう!!

6

ポケモンは誇張されている絵柄だから、誇張すればするほどいいでしょう!!

7
顔がなんとなくできたので、体を描いていきます! Pokemon GOは臨場感があるので動きのある感じにしました

8

次は背中にしょっているつぼみを描いていきます!

9

そのつぼみの中に目を描くことにしました♪ 任天堂は眼球が好きですから!!アンノーンAとかアンノーンBとかCとか! こういうちょっとした気遣いが大切ですよね♪

10

ベロが少し見えているのも可愛いですよね♪  

最後は微調整!

11

だいたい描き終わりました。 キャラにテクスチャあてるため背景を切り取ります。

12

ハイライトを入れてから、最後に色合いを調整!   これで自分のかわいいフシギダネの完成です♪  

完成!これでレアフシギダネが描ける!

20160723-fushigidane

最初は描くの難しいですが、動画見て頑張って練習して、 皆さんもレアフシギダネ描いて友達に自慢しましょう!!

20160723-fushigidane-sc

これが見つけたときの姿です♪名古屋に居ます! 来週もまだポケモン熱元気だったら違うやつも描きたいです。

そういえばだいぶ前にピカチュウも描いたのでどうぞご覧ください♪

pikatyuu

それでは、また次回もたぶん絵の事に関しての記事だと思いますが、お楽しみにしててください! マサヒロでした!!    

イラストメイキング動画

Follow me!

この記事を書いた人

まさひろ
まさひろイラストレーター
絵が中心で世界が回ってる、リアルキャラ系イラストレーター、岡本太郎軸デザイナーの高見真弘です。たくさんのメディアとコラボしていくぞと奮起中。それで有名になり、NYにブルックリンRoom8を建てようと思ってます♪これからも表現力が上がり続けます。・・・Instagram
facebookにも様々な作品がありますのでよろしければご覧ください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA