超初心者向けHTML講座 : Lesson.01

PAK85_coding15095904_TP_V

はじめに

こんにちは^ ^
Room8のWeb制作担当。お酒が恋人、あやかです。

今回はwebサイト制作初心者のためのHTMLについてのブログを書いていきたいと思います。

まず、HTMLとは

DI_IMG_5780_TP_V

HTMLとは《Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)》の略です。
タグという命令文を使用して、見出しや段落などを指定したり、文字の大きさや色を変えたり、画像を表示するなどが出来ます。
Webサイトを作るために必要な言語でWebサイトを作る上でかかせない存在です。
このブログもHTMLで構築されていて、webサイトやアプリ、メールなどを表示するために使用します。

どうやってHTMLを使うのか

4f51ff7edbfadda9ffac401ee3de13f2_s

webサイトを作るためのHTMLは、テキストファイルでできています。
テキストファイルとは、文章のみで構成されるファイルです。

ですので、
HTMLを使用する際は、テキストファイルを編集することができるソフトなら何でもOKです!!

とりあえず、

  • ウィンドウズやMACにデフォルトで装備されている、テキストエディター(メモ帳)などを使用して作成する
  • インターネット上で無料に使用可能なソフト
  • ホームページビルダーやAdobeのソフト(有料)

この上記の中から選んで使用するといいでしょう。

初心者であればAdobeのDreamweaverが機能が豊富で使いやすいかと思います。

Adobeでは1ヶ月間無料体験も行っているので試しにダウンロードしてみるといいでしょう。

重要なタグの存在

b31d51735876cde862be2fb692910e35_s

HTMLを使用する上で欠かせないタグ。

タグとは・・・記号(< >)で囲まれた半角の英数字のことです。
このタグで文章を囲うことで、Webサイトは作られています。

試しに、ブラウザ上で「右クリック」→「ページのソースを表示」をしてみてください。
テキストファイルで文章がたくさんの”タグ(< >)”で囲まれているはずです。

■タグを記入する時の法則

HTMLで欠かせないタグですが、タグを使用する上で必須な法則があります。

タグには色々な種類がありますが、主に<開始タグ>とと<それ以外のタグ>の3つの種類に分けることができます。

基本的には、
<開始タグ>との2つをセットとして使用します。

この、<開始タグ>との間に命令をかけたい文章or画像等を入れます。

終了タグには/(スラッシュ)をつけることも必須です。

さいごに

今回はここで終了します^ ^
また、近いうちにLesson.02(実践編)を更新したいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA