【今さら聞けない!?】クリエイター、起業家が利用する『クラウドファンディング』のあんな事、そんなん事

S__55951396

 どーもどーも!
一週間待っていた人も!そうでない人も!…いや、you誰?な人も!

和道士のSUGIです。
諸事情によりブログをお休みしていましたが、今週から復活します!

今回のネタは「クラウドファンディング」です。
最近いろいろなクリエイターさん、事業主の人たちとお話する中で必ず
出てくるワードです。

僕としたことが、だいぶ真面目に書いてしまいました笑

そもそもクラウドファンディングってどんなもの?

tsuruno34_TP_V


なんだかんだで最近、耳にするクラウドファンディングという言葉。
実は造語みたいです。群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた新言葉!
だから、外国の人に「Let’s クラウドファンディング!!」って言っても
悲惨な結末になることは目に見えていますね。

その仕組みは、クリエイターさんや、起業、サービスの開発など「ある目的の実現のため」
「ある問題を、こんな風に解決したい」など様々なアイデアやプロジェクトを持つ起案者が
インターネットを通じて、世界中に呼びかけ共感した人から資金を集める方法です。


一般的に資金を集める時には銀行の審査や企業や投資家などに出資依頼をし、
株式などを発行するという、とても個人でやるにはハードルが高かったのが事実。

クラウドファンディングであれば、

  • 自分がやりたい事、作りたい事
  • その想い、考え
  • どういう風に作っていくか
  • 資金はいくら必要か

などの情報を専用のサイトを使って呼びかけるだけです。(細かい手続きなどはハショリます)

一定期間の間に、プロジェクトに共感した複数人の支援者が少額づつ資金を出資・支援し、
目的の資金が集まった時点でプロジェクトが成立し、その資金を元にプロジェクトを実行します。

ネット決済が浸透し、世界中と繋がれるようになった今だからこその手法ではありますが、
実は根本の考え方と仕組みは、日本でもはるか昔から存在していました。


1180年には焼き討ちで焼失した東大寺と大仏の修復・再建のため、
全国各地を回り信者や有志から少額の寄付を集め、修復・再建を実現しました。
この活動は「勧進」と呼ばれ全国に広まったとされています。
修繕が終わると、その寄付者の名前が寺に記されることあり、
その文化は現代の寺や神社にも
見られます。

クラウドファンディングの4つの種類と特徴

クラウドファンディングという考え方は国内でもメジャーにもなってきており、

様々な専用サイトも増えてきました。そのため、いざクラウドファンディングを始めようと

思っても、どれを利用すれば良いのか分からない人もいるかもしれません。

そのため、選択の基準となるのがクラウドファンディングのタイプです。

起案者が企画したいプロジェクトに最適なタイプを選択するのも、成功に向けての大切な一歩です。

「購入型(報酬型)」

このタイプは、プロジェクトに共感した出資者が、そのリターンとして支援金額に応じた商品や
サービスを手に入れるというもの。
あくまで、プロジェクトが成功してから商品の製作やサービスが始まるため事前購入に近い形になります。
クラウドファンディングの中でも一番利用されているタイプです。

「寄付型」

その名の通り「寄付」です。リターンなどは一切発生しません。
そんなの誰がするの?と思う方もいるかと思いますが、その多くは被災の支援や途上国への
支援など社会的な意義が大きいものがほとんどです。

一般的な寄付との違いは、寄付をした後のプロジェクトの状況が透明化されるという点。
つまり、自分の寄付したお金がどういう動きをしているか知ることができます。
また起案者も、活動状況を伝えていくことで共感する仲間が増え、より大きなプロジェクトに
挑戦できるようになるメリットもあります。

「投資型」

出資者が投資した金額に応じた配当、株式が発行されるタイプです。
投資の多くの場合は、金額の大きな投資が必要でなかなか個人ではハードルが高いものばかりでした。
投資型クラウドファンディングでは小口から出資でき、誰でも投資活動ができます。
少額から始められるため出資者を集めやすいという特徴もあります。

クラウドファンディングのメリットとリスク

クラウドファンディングの大きなメリットの一つは個人・団体・企業の大小に関わらず、誰でも
企画しプロジェクトを立ち上げることができるということです。

tsuruno22_TP_V 

製品やサービスのアイデアがある!製作スキルを持っている!
でも始めたばかりでそもそも知名度がないクリエイターや企業家が、
低いハードルで資金を集められる点はかなりのメリットです!

また、プロジェクトの立案者が顔や名前を出して、想いを語ることで、
支援者もそのプロジェクトのことをより理解、繋がりも生まれやすくなります。

支援者はプロジェクトの起案者に直接質問することもでき、自分一人では気づかなかったニーズや
問題点に気づき、プロジェクトがより洗練されたものになります。

商品開発などの場合は、どういった層からの支援者が集まるかによって、
開発前のマーケティングに役立つなんて側面も!

しかし、光あるところに影あり。必ずしもメリットばかりではありません。

 tsuruno31_TP_V

世界の例として、目標額に達しても資金面や技術面において、
立案者の見通しが甘くプロジェクトが完遂されず、支援者にリターンが用意できなかったケースもあります。

もちろん立案者に責任が生じますが、現段階でクラウドファンディングは新しい資金調達の概念のため、
この様なケースのリスクから支援者を守る制度は整備れていません。

誰でも始められるからこそ、立案者となる方は目標金額の設定から、プロジェクトの内容、戦略、
リターンなどを十分計画を練る必要があります。支援者も、出資をする前にメールやコメントで
立案者に質問するなどして、疑問点などを払拭しておくことが必要です。

詰まるところ、やはりお互いの「信頼関係」が最重要ということ。プロジェクトの成功も
失敗もお金だけではないといったところですね!

4こんなこともクラウドファンディングで出来ちゃいます!

 

さて、ここからは実際に現在クラウドファンディングで資金を集めている実例を挙げていきます!

えっ!?そうですよ!

ガッツリ宣伝ですけど、何か!?笑

紹介するのはハンドメイドブランド『me*you』。
今回のブログのトップページにもなってますよ!

S__55681030

元美容専門学生、アパレル店員という経歴を持ち、その経験を生かしハンドメイドのアクセサリーや
ネイリストとして活動してる「みえのみゆ」さんのオリジナルブランド。

僕もまだ数回しか会って、お話をしただけですが何でしょうね…オモロイ子です笑

いい意味で遠慮がいらない!笑 誰とでもすぐに打ち解けられる!
口下手で有名な僕もすぐに自然体で話せる、大切な友達の一人です!

S__55681031

そして、若くして色々と波乱万丈です。気になる方は、本人へ突撃インタビューしてみてください!
きっと、さらっと教えくれるかと思います笑

真面目な話、友達だからというだけで応援しているわけではありません。

彼女のプロジェクトはお店を出店するために、資金が必要というもの。

その出店に対する想いがとても強い!

今やネットで何でも買える時代。特にハンドメイドのアクセサリーなどはアプリなどで
買うことが定番化しつつあります。

S__55681032

そういう現代にあってみゆさんが出した答えは

「直接お客様と出会い、お話し、繋がり、ネットではない体温のあるやりとり、

お互いの感情、気持ちが分かる交流をしたい!そのためにお店というカタチのある

お客様と直接繋がることができるお互いの居場所を持ちたい」というものでした。

せっかく出会えたのだから、商品のお値段以上のサービスを提供したい!
良いも悪いも経験し、人を大切に想う気持ちを持つみゆさんならではの、真っ直ぐな想いです。

S__55681033

ある意味では時代に逆行した考え方かもしれません。
しかし、人と人との繋がりはこれから先、絶対に残していかなくてはいけない大切なことです。
彼女はお店を出すということを通じて、それを自ら体現しています。
そして、クラウドファンディングはそういった想いを応援するためにあるのではないでしょうか。

少しでも想いに共感できる方がいれば、是非応援して欲しいです!
プロジェクト終了日が今月の30日で残り僅かとなっており、
現時点で目標達成まで あと 1万5000円ともう一息なのです!!
詳しくはコチラhttps://camp-fire.jp/projects/view/9583

みゆさんの想い、溢れてますよ!

もちろん、みゆさんだけではありません。クラウドファンディングでは様々な想い夢を
実現しようと奮闘しています。
もしかしたら、あなたの夢と同じ想いを持つ仲間が見つかるかもしれません!

Follow me!

この記事を書いた人

SUGI
SUGI
Room8.Incのメンバー。和道士&プログラマー(のつもり)。

和道士とは
和の文化、クリエイター、職人の活きる場を創造していくスペシャリスト。
日本の伝統、技術、文化を世界に拡めていくため『和』のイベント、
職人、クリエイター達への取材、プロモーション活動(動画配信、フェス)などを行っている。
和だけではなく、クリエイター、職人と多くの人が繋がれる場を創っていくため奮闘中!

Room8だけでなく、様々なハンドメイドの商品を扱う
カフェ&クリエイターショップ『TOLAND』のメディア部の一員でもある。

現在はヨーロッパへの進出を目論でいる。
『情熱大陸』『プロフェッショナル』に出演するのが夢。

ちなみに『和道士』という言葉には
「和道を士どる、和の伝道師、世界に和(輪)を広げる道(架け橋)となる」
などの想いが詰まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA