Room8 Inc.

今のホームページを継続的に集客のできるホームページにしていく方法

今のホームページを継続的に集客のできるホームページにしていく方法

はじめに

名古屋・春日井を中心にホームページ制作サービスを提供しているRoom8のホームページ制作担当あやかです。

みなさま、新年明けましておめでとうございます^ ^
2017年もRoom8では、みなさまのお役に立てる情報をブログを通じて発信していきたいと思います。
また、今年は本格的に新たなサービスへ向け始動していきますので、応援の程宜しくお願い致します。

さて、記念すべき今年、2発目のブログ記事ではより継続的に集客のできるホームページについて考えていきたいと思います。

継続的に集客のできるホームページに必要なもの

継続的に集客のできるホームページを制作するために必要なこと、それは“時代に合わせてホームページを変化させること”です。
ホームページは制作して終わりではありません、制作してからが本当のスタートです。

継続的に集客のできるホームページは常に「PDCAサイクル」を回している

時代に合わせてホームページを変化させる為には、定期的に「PDCAサイクル」を回す必要があります。「PDCAサイクル」が分からない方のために下記に簡単に説明します。

「PDCAサイクル」とは?

計画(プラン)から見直し(チェック)までを一貫して行うこと。
そして、それを次の計画(改善)に生かすという考え方。

・P(Plan/プラン)-仮説をたてて計画を練る
・D(Do/ドゥ)- 仮説を元に実行する
・C(Check/チェック)-仮説を検証する
・A(Action/アクション)-次の計画に生かす行動を練る

上記のサイクルを回し続けることで、検証・改善し”継続的に集客のできるホームページ”を目指します。

目標(ゴール)から逆算して計画する

「PDCAサイクル」を回す際には先に目標(ゴール)から逆算して考えます。
目標を決めた上でその目標に対して必要なセッション数、アクセス数、コンバージョン数を元に仮説を練ります。
そして、仮説を元に「PDCAサイクル」を回し検証し”今後の課題”をたて改善→検証→改善を繰り返します。

なぜ目標(ゴール)が必要なのか

目標(ゴール)がない場合、「何をして現状を良くしたらいいのか分からない」という方が多いです。
目標(ゴール)があれば、「現状を把握し、どう改善したらよいか仮説がたてやすい」のです。

今のホームページに集客があっても”このままでいい”という考えは危険です

たとえ、今のホームページで集客がありCV率が高い場合でも現状に満足してはいけません。
継続的にホームページからの集客やCV率を安定させるのはとても難しいことです。
ですので、新規のユーザー様を増やす他ないのです。
そのためには、新規セッション数(ホームページへ来てくれる方)を増やすために「PDCAサイクル」 を用いて常に対策を練ることが必要です。

さいごに

いかがでしたか?
継続的な集客のできるホームページにはマーケティングの力が必要不可欠です。
そこで、Room8ではホームページ制作に関しての無料相談も承っています。
是非、少しでも気になる方はお気軽にお問い合わせください。

コメント( FACEBOOK)

Return Top