Room8 Inc.

Room8発信のメディアサイト

スライムボトルが欲しかった!コラボ商品を発売する3つのメリット

スライムボトルが欲しかった!コラボ商品を発売する3つのメリット

こんにちは。
名古屋・春日井を中心に、ホームページ制作をしているRoom8で、ライティングを担当している祐子です。

昨日は、台風の影響で大雨になり電車が止まったことで、帰宅するのに苦労された方がいるのでは???
ここ数年、大雨や強風、そして地震など天災による被害が多くなっていますよね。こんな時に気象庁が発表する、
「特別警報」ですが、みなさんはご存知ですか?

普段、学校が休みになったり、電車が止まるなどした時に発令しているのは、「警報」です。
警報を発令する基準があるように、特別警報を発令する基準もあります。特別警報が発令される天災には、津波や噴火などもありますが、大雨を例にすると、

  • 雨が降り続き、その後も降水量が警報を発令する基準をはるかに超える大雨が予想される
  • 数十年に一度という経験したことない大雨になる恐れがある

言葉だけでは想像もつきませんが、実は今日も島根県で発令されました。
もし身近で特別警報が発令された時は、住んでいる市町村の避難情報に従って行動してくださいね。

さて、今回は、ライティングの話ではなく、マーケティングの話です。
「コラボ」という言葉を聞いたことありませんか?これもマーケティングの手法ですが、このコラボにはどんなメリットがあるのでしょうか?
今回はこのコラボについて、私が入手できなかったコラボ商品とともに、ご紹介します。

スライムと目薬のコラボ商品が欲しかった

出展:https://twitter.com/DQ_PR/status/868015742075101184

この商品をご存知ですか?
ロート製薬の目薬「ロートZ!(ジー)」とドラゴンクエスト人気キャラクターの「スライム」がコラボした商品です。
5月末に数量限定で全国販売されました。
全く異なる業界同士のコラボ商品ですが、ホームページ専用サイトやSNSで紹介されると、瞬く間に商品は売り切れました。
これ・・・欲しかったんです。普段目薬は必要ありませんが、ドラクエのスライムが好きだから欲しかったんです。(正確にはメタルスライムが好き)でも残念ながら店頭にはなく、買えませんでした。

悔しい気持ちはありますが、みなさんはお気付きですか?
私は、コラボレーションマーケティングにまんまとハマってしまったことが分かりますよね!

どちらの商品も名の通った商品です。それぞれ単体でも十分に売れています。
でも、上記のようにコラボして新しい商品を販売することで、普段は手にしない客層が購入して、どちらにも大きな利益を生み出しています。

消費者に「買いたい!」、「欲しい!」と思わせるコラボ商品って、実際にはどんなメリットがあるのでしょうか?

コラボレーションとは?

まずコラボとは、コラボレーションを略した言葉ですが、意味としては「協同して作った、作業した」または「合作」になります。つまり、何かと何かが協力しあうこと、そして利益が発生することを意味します。

先ほどのスライムボトルも、一見関係ないような商品とキャラクターですが、確実に新しい価値を提供しています。
また、コラボ商品は、「数量や販売期間」が限定されいるので、この付加価値も影響されます。

コラボ商品が成功すると効果は絶大です。
どんなメリットがあるのでしょうか?

コラボレーションマーケティングのメリットは3つ

このコラボレーションマーケティングから得られるメリットは以下の3つです。

  • ブランド力の強化
  • 異業種との新規顧客の獲得
  • コストの削減

それぞれご紹介します。

ブランド力の強化

これは、認知度が高い企業がそれぞれが持つブランドを、コラボして注目を浴びて話題になることで、さらにブランド力を強化させることです。

例えばスライムボトルなら、

  • ロート製薬・・・日本を代表する製薬会社の一つ
  • Z!(ジー)・・・目薬の年間販売額の世界一を誇る(専用サイトにて掲載あり)
  • ドラゴンクエスト・・・人気RPGゲーム(2016年生誕30周年)
  • スライム・・・ドラゴンクエストに登場する人気キャラクター

どちらも引けを取らない認知度とブランド力があります。

異業種との新規顧客の獲得

異業種で活躍する企業同士が協力し合い、今までブランドになかった新しいイメージを作り出して、新規顧客を獲得することができます。

私がまんまとハマった部分は、ここに当てはまります。
つまり、

目薬には興味がないけど、スライムボトルだから欲しい

私は買えませんでしたが・・・同じような新規顧客が無数にいたはず。
見事に新規顧客ゲットです。

コストの削減

いくら認知がある企業でも、一社だけで準備できる予算は限られています。
しかしコラボ商品として企業同士が予算を出して補うことができれば、商品開発・デザイン・キャンペーンなどを行うことができます。

スライムボトルも発売前からSNSで大きな話題を見せていました。
Twitterでは、ロート製薬の公式アカウトで発売告知がされると、30,000ツイートを超える反応があり、出荷の様子なども画像で紹介されました。

こうしたSNSを利用した告知ができるのも十分な予算があってできることです。一社でこれだけのことをすると負担が大きいですが、コラボすることで予算ができ削減もできるのです。

ちなみにライターとして心打たれたのは、やっぱりキャッチコピーです。
かいしんの一滴!
ドラゴンクエストをやったことがある人なら分かるはず。この短い一言で十分伝わります。
コピーライターに依頼したのかは定かではありませんが、予算に余裕があれば、顧客の心を掴むキャッチコピーをコピーライターに依頼することができます。売上にも大きく影響しますよ。

大胆すぎるコラボレーションには、ご注意

いかがでしたか?
それぞれの企業が提供する商品やサービスを元に、新たな限定商品やサービスを作ることで、3つのメリットが得られることが分かりました。
コラボには、こうした企業同士だけに限らず、アーティスト同士のコラボレーションで、作品を作り出しています。

でも、こんなコラボレーションにならないように、ご注意ください!

あまりに顧客のタイプが違う異業種とのコラボレーション

コラボ企画は、あくまでもきっかけです。その後の方針や展開の仕方にズレがあると、せっかく認知度が高いのに活かしきることができずに終わります。
その原因となるのが、顧客です。あまりに顧客のタイプが違えば企業の目指すゴールも違います。
せっかくのコラボです。慎重に相手を選び、自社が目指すゴールを意識して行いましょう!

ホームページ集客に悩んでいる方へ

ホームページを作ったのに、問い合わせもなく売上が伸びないと悩んでいる方はいませんか?
ネット上にはホームページが数え切れないほどあり、ただホームページを作りましたというだけでは、見てもらうのことはほとんど皆無です。

じゃあ、どうすればいいの?
安心してください。Room8のWebコンサルサービスには、ホームページ集客に必要な3つのポイントがあります。

  • Webマーケティング
  • アクセスアップ
  • コンバージョン率のアップ

呪文のような言葉ばかりですが、この3つを抑えることで、ホームページ集客に繋がります。
この3つについて、もっと詳しく知りたくないですか?自分で実践できるようになりませんか?
Room8のコンサルサービスは、顧客が丸投げで終わりではなく、将来的には自分で行えるようになります。コストの削減にもなりますよ。

まずは、現状を教えてください。問題や悩みを知ることから始まります。
必要であれば、ホームページのリニューアル制作にも対応します。
ぜひ、ご相談ください。

詳しい情報はこちら

ホームページ集客コンサルティング | WebマーケティングRoom8
あなたの会社のホームページからの問い合わせ数を倍増させます! もしそうなれたら嬉しくありませんか? しかし、残念なことに9割の会社のホームページが集客に失敗していると言われています。 それはなぜか? ホームページで集客をするには、コンテンツを作りこむ必要があります。 記事あたりのクオリティーを高める必要もありますが、継続的に分析し改善していく必要があるのです。 しかし、ホームページ制作会社の仕事は、お客様の要望に沿ったホームページを作る…

記事を書いた人

祐子
Room8のライティング担当。口下手だから、ライターの道へ走った。今までの人生で一番の栄光は、運動会の「かけっこ」で、6年連続1位。趣味は、アートを観ることも作ることも好き(青色・幾何学模様・ガラス)。お肉とビールも大好き。私の癒しは、ウナギイヌと銀色夏生!

コメント( FACEBOOK)

Return Top search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status image gallery music video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss