集客にも活かせるのブログの書き方

Web

こんばんは。ウェールズ歴史研究家のたなかあきらです。
自分のブログでも、このRoom8のブログでも文章を書いていて、ブログ三昧の生活を送っています。

なぜブログに拘っているのか?

それは、ブログは誰でも自分の情報を他人に伝えることができる、それもお金をかけずに難しいスキルも身に付ける必要もなく気軽に投稿することができる、情報発信のツールだからです。

僕は、イギリスのウェールズの歴史の面白さについて皆さんに伝えたくてブログを書いています。このRoom8のブログでは、自分のブログを書くことで身についたこと、Room8での活動を通して得られたことを発信したくて、記事を書いています。

僕がこれからお話しする内容は情報を発信して人と新たな交流が生まれるだけでなく、多くの人に伝えることができるので起業家の皆さんにとっては問い合わせが来たり集客出来たりする効果があります。
皆さんのお役に立てばうれしいと思います。

ブログの種類について

mac-459196_960_720

まず、ブログの種類について簡単にご説明します。

無料ブログサービス

ブログには無料で自分のブログを作って記事を書くことができるサービスがあります。
・はてなブログ
・アメブロ
・FC2ブログ
・ライブドアブログ
などです。

この無料のブログサービスは、とても気軽に記事を投稿できますのでブロガーの人にはとても適していると思います。
僕はSNSとの連携が強く読者機能もあり、情報の拡散力が強いと思うはてなブログを利用しています。

有料ブログサービス

これに対して有料のサーバーと契約して、更にワードプレスなどを使ってブログを作成する方法があります。
こちらはホームページを作ってその中でブログを書く方式で、ブログを書いて自分のサービスを宣伝するなどビジネスに向いているサービスです。

有料ブログの作り方

ワードプレスを使ったホームページの作り方・ブログの書き方の詳細はこちらをご覧ください。

アクセスを増やすブログの簡単な仕組みについて

blogging-336376_960_720

さあ、準備はできた、ブログを書くぞ!ということで、僕も記事をどんどんと書いていきました。

記事は毎日でも書いて、記事数を増やすことがポイントだ、と言われたので毎日書きました。しかし、アクセスはあまり増えることがありませんでした。

ブログの仕組みを知っている必要があります!

ひたすら記事を書いても、人に見に来てもらうように仕組みを作っていかなければ誰も見に来てくれません。入口のない店で、ひたすらお客さんを待っているのと同じ状態です。人の目があるところにブログを表示して見に来てもらわなければアクセスは増えません。

では、簡単にブログの仕組みを絵にかきます。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%81%ae%e4%bb%95%e7%b5%84%e3%81%bf

・これは面白くてためになる記事だ!とファンがついて読んでくれる
・GoogleやYahooなどの検索エンジンから見に来てくれる
・SNSを使って友人や知り合いが記事をシェアして他の人々に拡散する

ざっくり簡単に言いますと、書いたブログ記事にアクセスする仕組みはこんな感じになります。この仕組みを理解したうえで、記事を書いていく必要があります。

では、どんな記事を書いていったらよいのでしょうか?
オーソドックスなブログ記事の型について次に説明します。

ブログ集客につながる記事の簡単な構成について

blog-49006_960_720

多くの人に読んでもらえる記事はどんな記事でしょうか?

皆さんがGoogleやYahooで何か調べるときがあると思います。それはどんな時でしょうか?

・こんな事を知りたい
・こんな悩みを解決したい

という時ですよね。
つまり多くの人が困っていることを十分に答える記事を書くと、多くの人に読まれます。
ですのでブログの書き方も、読者が困っていることを解決しよう!という書き方になります。

●書き手としては、
・誰のどんな困りごとを解決するのか?
と読んでもらう人を絞った記事にする方がよいです。
(幅広い人に、とすると記事の内容があいまいになり、読み手の知りたいことに答えれない恐れがあります)

一つの例として、こんな構成をお勧めします。

①タイトル・・・読者が知りたい事をタイトルにも入れます
②書き出し・・・読者の悩み、知りたい事など困りごとを書きます
③解決方法・・・読者の困りごとを解決する方法を書きます
④具体方法・・・解決する方法の具体策を書きます
⑤まとめ ・・・最後に纏めます
読者に使ってほしい商品があればここに紹介します(call to action)

詳しくはこちらも読んでくださいね。

ブログ集客できるブログ記事ネタの見つけ方

home-office-336581_960_720

これまで書いてきましたように、読み手の困りごとを満たす記事を書くことがとても大切です。
ではどうやって、困りごとを見つけてその記事を書けばよいのでしょうか?

皆さんが検索するときに用いる検索ワードから書く記事のネタを見つける方法の例をご紹介します。

GoogleやYahooの関連する検索キーワードでネタを見つける方法

例えば、海外旅行に行きたい人をターゲットにして、英語に関してどんな記事を書いたらよいのか考えてみましょう。
Googleで検索の枠の中に、[海外旅行 英会話] と入れていました。そうすると、左下の方に
<英語 海外旅行に関連する検索キーワード>が出てきます。(Yahooでも同じようにして調べれます)

%e8%8b%b1%e4%bc%9a%e8%a9%b1%e3%80%80google

これはよく検索される、検索キーワードの例が出ています。このキーワードを使うのも一つの手です。
例えば
・英語 海外旅行 勉強の検索ワードを用いて「海外旅行ですぐに使える英語の勉強方法」
・英語 海外旅行 フレーズの検索ワードを用いて
「海外旅行で使えた英語フレーズ10選~レストラン編~」

などの記事にすると読まれる可能性が高くなります。

Yahoo知恵袋を使ってネタを見つける方法

Yahoo知恵袋を使うと、キーワードに関する人々の悩みについて調べることができます。

Yahoo!知恵袋 - みんなの知恵共有サービス
みんなでつくる便利でうれしい知恵の共有サービス。参加している方がお互いに知恵や知識をQ&Aで共有できるサイトです。

「英語 海外旅行 勉強」と入力して悩みを調べてみました。
そうしたところ、こんな悩みが出てきました。

私は海外旅行が趣味ですが、英語が昔から苦手です。・・中略・・”This is a pen”レベルの私でも頑張れば英語が聞き取れ、話しをすることが出来るのでしょうか。何か良い勉強方法の情報があれば嬉しいです。

この悩みに対して、記事を書いていけばよいのです。

この悩みに対しては、こんな回答がされていました。

NHKの語学番組はここにまとめて紹介してあります。
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/english/

NHKの放送はインターネットでも聴けます。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/

これを参考に、もっと詳しくて役に立つだろうと思う方法を書くとより良い記事が書けますね。
Yahoo知恵袋は多くの人の悩みが調べれますし、載っている内容は多くの人の悩みである可能性が大きいです。その問いに対して答える記事を書けば多くの人に読んでもらえる記事になります。

キーワードプランナーとGoodkeywordでキーワードを見つける方法

キーワードプランナーやGoodkeywordもとても効果的にキーワードを見つけることができます。
Goodkeywordでは、1つのキーワードに関連するキーワードを調べることができます。
キーワードプランナーでは、そのキーワードのおよび関連するキーワードの月間検索数を調べることもできます。

流れとしては、例えば
・Goodkeywordでキーワード全体を調べて、使えそうなキーワードを選ぶ
・キーワードプランナーでどの程度検索されているキーワードか確認する
(多すぎたらキーワードを複数語にし、少なすぎたらキーワードを変えてみる)
・キーワードのあたりが付いたら、そのキーワードを使って調べられていそうな内容を
GoogleやYahooの検索キーワードやyahoo知恵袋で調べて記事を書く内容を考える
が良いかと思います。

気軽に利用できるオンライン広告で顧客を増やしましょう | Google 広告
ユーザーからの電話、サイトへのアクセス、来店を増やしましょう。Google のオンライン広告を使えば、適切なユーザーに広告を表示してビジネスを拡大できます。
goodkeyword - Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール
Google.co.jp、Bing、Yahoo! JAPANで検索されている関連キーワード、複合キーワード、サジェストキーワードを調査できるキーワードツールです。SEOやSEM/PPCの検索エンジンマーケティグに役立ちます。アフィリエイト、ブログ、ドロップシッピング、ネットショップ、企業サイトのサイト運営にも。

それぞれの使い方の詳細は、Room8のこちらの記事に書いてありますので参考にしてください。

最後に

今回ご紹介した内容は、ブログを書くための一つの型です。記事を書いていきながら、自分に合った書き方、自分に合った型を身につけていただければよいと思います。
最後まで読んでくださり有難うございました。

たなかあきらの歴史ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました